休暇の捉え方と過ごし方

誰にでも平等に与えられているのが時間です。
その同じ時間をどのように活用するかで、生活に違いが生まれてきます。
仕事をしている人には休暇がありますが、ただ怠惰に過ごしてしまう人と、自分のために生きた時間として休暇を過ごす人とではその後の影響が違ってくるのです。

これは会社員であればその差は分かりにくいのですが、フリーエンジニアなどフリーで働く人には顕著にその差が分かるようになってしまいます。
休暇ですから、文字通りに休むことが第一の目標です。ですがどのような休みをとるのか、といったところにポイントをおいて考えてみたいと思います。

長期の休暇、まとまった休暇の場合は旅行などに費やす人も多いのではないでしょうか。
この場合、行き先としては興味のある場所が自然と頭に浮かんでくると思います。
行きたいところを優先するのか、また休暇をどのように過ごしたいか、といった考え方でも行き先の選択が違ってきます。
のんびりとストレス解消を第一目的にするのであれば、のどかな場所を選ぶと良いのですが、あまりに何もないと時間を持て余してしまい、旅行をした意味をあまり感じられないといった話も聞きます。
ですから、ゆっくり休むことが出来ながら、必要であれば適度な刺激を受けることが出来るような場所も考えてみると良いでしょう。

また宿泊先を転々とすることが良い刺激になる人は、このような旅行の仕方もあります。
宿泊先は一定の場所に決めて、何かしらの刺激を考える場合は、近くに観光施設のある場所などもチェックしてみると良いと思います。
休暇はただ寝て過ごすのではなく、今後の自分のためになるような時間の過ごし方を少しだけ考えてみることで、充実した休暇を過ごすことが出来るのではないでしょうか。

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です