混雑を避ける休み方

日本では長期休暇の期間が偏っていて、どうしても移動に混雑がつきものになっています。
夏休みや冬休み、帰省のためもあってその混雑ぶりは毎年大きなニュースとして取り上げられています。
外国では長期間の休暇が取れる企業も少なくなく、長い休暇では年単位のところもあるようですが、日本では長くても2週間くらいでしょうか。
そしてお盆やお正月といった時期が重なることもあり、どうしても休暇の移動に混雑してしまうのです。

同じような時期に休みをとる場合でも、ほんの数日間ずらすことで移動も宿泊もゆったり過ごすことが出来るようになりますが、会社勤めだとなかなかこのような休暇の取り方は難しいと思います。このようなプライベートを重視したいがために、フリーエンジニアなどのフリーランスとしての働き方を考える人も少なくありません。
数十年前の日本人の考える働き方と、現代の日本人が考える働き方とでは大きな開きがあるのかもしれません。

フリーエンジニアなどのフリーランスは、確かに働く時間と休暇の時間の割り振りを自分主体で行うことが出来ます。ですがそのためには、会社員では体験しないような自己管理を徹底するといったことも必要になってきます。普段から時間にルーズであったり、仕事の精度に甘い考えを持っている人はフリーランスには向いていないと思われます。

どうしても休暇や自由な時間などのメリットばかりに目が向きがちですが、そのために必要な責任感や能力もあるということを客観的に判断出来なくてはいけないかもしれません。
このようなメリットとデメリットを照らし合わせて、自分がフリーランスに向いていると考えられる場合は、有意義に休暇を過ごすことも出来るかもしれませんし、仕事の意欲もより強くなるかもしれません。

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です