混雑を避ける休み方

日本では長期休暇の期間が偏っていて、どうしても移動に混雑がつきものになっています。
夏休みや冬休み、帰省のためもあってその混雑ぶりは毎年大きなニュースとして取り上げられています。
外国では長期間の休暇が取れる企業も少なくなく、長い休暇では年単位のところもあるようですが、日本では長くても2週間くらいでしょうか。
そしてお盆やお正月といった時期が重なることもあり、どうしても休暇の移動に混雑してしまうのです。

同じような時期に休みをとる場合でも、ほんの数日間ずらすことで移動も宿泊もゆったり過ごすことが出来るようになりますが、会社勤めだとなかなかこのような休暇の取り方は難しいと思います。このようなプライベートを重視したいがために、フリーエンジニアなどのフリーランスとしての働き方を考える人も少なくありません。
数十年前の日本人の考える働き方と、現代の日本人が考える働き方とでは大きな開きがあるのかもしれません。

フリーエンジニアなどのフリーランスは、確かに働く時間と休暇の時間の割り振りを自分主体で行うことが出来ます。ですがそのためには、会社員では体験しないような自己管理を徹底するといったことも必要になってきます。普段から時間にルーズであったり、仕事の精度に甘い考えを持っている人はフリーランスには向いていないと思われます。

どうしても休暇や自由な時間などのメリットばかりに目が向きがちですが、そのために必要な責任感や能力もあるということを客観的に判断出来なくてはいけないかもしれません。
このようなメリットとデメリットを照らし合わせて、自分がフリーランスに向いていると考えられる場合は、有意義に休暇を過ごすことも出来るかもしれませんし、仕事の意欲もより強くなるかもしれません。

企業で働く場合の休み方

フリーランスで働く人も増えてきています。ただフリーランスと聞くと、カフェなどでパソコンを開いて仕事をしているような人や、自宅などで仕事をするようなイメージが強いのですが、中には決まった企業に常駐して働くフリーエンジニアなどもいます。

個人で仕事を受注して、納品をする働き方のフリーエンジニアの場合は、自分の管理で仕事の量や、また自身の休暇なども決めることが出来ます。
ですが常駐での勤務であれば、派遣社員や他の従業員と同じ待遇がほとんどですので、勝手に仕事の時間を決めたり、休暇を決めるといったことは難しくなります。
もちろん企業との契約内容にもよりますので、全く出来ないということではありませんが、企業の中でチームの一員として働く場合は、自分の都合よりも企業での仕事を優先するのがフリーエンジニアの責任でもありますので、難しいことになってきます。
契約期間などによっては、契約期間終了後に更新をせず、長期間の休暇をとることも可能です。

この場合は収入なども関係してきますので、どれぐらいの期間の休暇が可能か、また休暇後の仕事内容や仕事量にも考えておかなくてはいけないと思います。
休暇後に仕事がないようでは生活にも関わってきますので、思い付きで休暇を予定しないことが大切かもしれません。

また長期間の休暇を考えるのであれば、休暇前にしておく仕事が重要にもなってきますので、休暇の予定を考える時は休暇期間に見合った仕事を済ませておくようにしておくと不安が少しは軽減されるのではないかと思います。
企業に常駐のフリーエンジニアの場合は、企業で働く他の人に負担にならないように配慮することも大切だと思います。