自己管理の大切さ

仕事の出来る人の特徴として、時間の管理が上手いということもあるようです。
会社などで同じ仕事をしていると顕著に違いが分かるのですが、短時間で成果を上げることが出来る、つまり生産単価の高い人は優秀だといえると思います。時間は誰もが同じだけ管理することが出来る、平等な権利ですからその使い方が上手いか下手かはすぐに比較しやすいですから、周りの人との仕事の進め方などの違いなどを見つけやすいのではないでしょうか。

会社で働いている人の場合、正社員であれば仕事の成果が勤続に繋がることが少ないと思います。企業は一度採用した人材を、仕事が出来ないから、また生産性が低いからといって簡単に解雇はしません。同じ勤務時間に、処理できる仕事の量を与えられ、また休暇は誰もが同じ条件になっているはずです。

ですが企業の中でもフリーエンジニアなど勤務期間を契約して働いている人などの場合、他の人と同じような勤務時間、仕事量、休暇期間だけでは次の契約に繋がらないこともあります。つまり、他者よりも自分の価値が高いことを企業などに知ってもらわないことには、収入のアップも期待できませんし、同じ企業と契約して仕事を続けることも難しいということになってくるのです。

フリーエンジニアで働く人にとって、仕事をする時間や休暇の時間といった管理は、人一倍厳しい目線で考えるようにしなくてはいけないのです。自己管理は社会人にとって当然のことですが、しっかり休暇を取ることで作業効率も上がるため、フリーランスで働く人には特に重要なポイントになるのだということを、常に念頭に置いておかなくてはいけないようです。
フリーランスの休暇の取り方など自己管理の必要性については、こちらのサイトから⇒
http://freeengineers-longvacationplan.com/

Discuss

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です